家庭用冷凍ストッカー 修理してみました。

先日、冷凍ストッカーの修理をしました。-60℃まで冷凍出来るダイレイの家庭用ストッカーです。普段は業務用の冷蔵庫関係しか修理いたしませんが、ちょっとやってみようかと思い修理することに致しました。なぜ家庭用の修理を受けたかというと、ダイレイさんは(超低温ストッカーとかマグロストッカーなど)業務用冷凍関係のメーカーで、使用している部品が海外製のものが多く修理業者も少なく依頼された方も困るだろうと思い、また、私自身がダイレイさんが家庭用を出していることを知らなかったので興味もあり受けることに致しました。(ダイレイの家庭用はレアものです)

これがダイレイの―60℃ストッカーのユニット部です。ん?ファンモーターが見えません。

あっ!いました。ちょっと見えてます。やっぱり家庭用です、修理しやすくは出来ていません。

配線はシンプルです。コンプの配線とファンモーター・サーモの配線に警報用ですかねそれぐらいです。

 


交換したファンモーターです。ベアリング不良で異音がしていました。ファンモーターはmade in Italyでした。

非常に交換しずらいファンモーターでした。何とか交換完了です。

試運転もー50℃まで確認。はい、修理完了です。これからお届けに参ります。

 


やはり部品は海外製造が使用されていました。海外物はいつ仕様が変わるかわかりません。だから大事に使いましょう。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    中村 (月曜日, 10 12月 2018 21:59)

    初めて…当方もダイレイの旧モデルのfish box(FB-77s3)使用していますがファンモーターからもの凄い異音がした為、
    モーターを分解した処、モーター軸受け部分にベアリングが入って無く只のカラーのみでした…モデル自体旧型と言う事も有り仕方がないのかなと…
    そこで、お願いたいのですが交換したモーターの型式等お教え願いないでしょうか?