GHPエアコンの定期点検です。

本日は、某道の駅の定期点検です。GHPエアコンが全部で5台、パッケージエアコン2台、室内機多数。

GHPエアコンはエンジンが載っているので定期メンテナンスが必ず必要です。


まずは点検の前に、破損したパッケージエアコンのファンモーターの交換。モーターの軸も曲がっていたので一緒に交換です。

 

新しいファンモーターと羽です。

ササッと取り付けて‥‥。

はい!完了です。それじゃあ点検しますか。


 

パッケージの部品交換が終わったのでGHPエアコンの点検です。

GHPエアコンにはこんなエンジンが付いています。

オイル交換などのメンテナンスが必要です。

オイルの汚れ・量をチェック!


エンジンオイル補充OK!(エアコン専用です)

 

キャブクリーナー洗浄OK! その他、所定の点検を済ませて‥‥。

最後は熱交換器を高圧洗浄機で洗浄して完了です。


ガスを使うGHPエアコンと電気を使うエアコン(EHP)の違いは簡単に言うとコンプレッサーを動かすエネルギーの違いでEHPエアコンは電気を使うのに対し、GHPエアコンはガスエンジンンでコンプレッサーを動かし、液化と気化を繰り返して冷暖房を行っています。

よって、最初にも述べたように、車と同じで定期メンテナンスが必要です。メンテナンスを怠るとエンジンへの負荷が大きくなりトラブルをおこし高額な修理が発生します。(GHPの工賃・部品代はEHPより比較的高額です)GHPエアコンをお使いのお客様は必ず定期メンテナンスをしてください。『えっ!頼むところがない?』そんな時はトラストメンテナンスまで。